ブログ

家具工房に捧ぐ

木工教室

  • 木工教室5/6~8

    週末は木工教室でした。
    GW終盤、天気もよく先週に引き続き全体に参加者者少な目でした。

    講座から継続で作っている蟻組。手道具のシラガキと毛引きで墨付け、そしてノコとノミだけで加工後、組みあがりました。 あと少しです。

    器堀り。 教室参加の最初の方にやってもらっています。 労力としては大変なのですが、着々と出来上がり物作りの楽しさを再認識してもらえていると思います。

    器堀りをしてもらうと、その人の物作りに対する姿勢の様なものが見えてきます。凄く丁寧に掘る方もいれば、あまり気にぜずガンガン掘る人もいる。

    ノコ加工。これも奥が深いです。

    完成品も多かった。

    小型のダストボックス。 ご自身でデザインされて作りました。素敵です。

    ウォールナットの角器。

    気持ちで掘っている人の作品は上手です。  

  • 木工教室

    週末は木工教室でした。先週と先々週の写真。

    GWの前後、気候も良かったせいか参加者は全体に少な目でした。

    家具工房treehouseの木工教室では「失敗を恐れず果敢に作ろう!」を合言葉(今考えた)にガシガシ作ってもらっています。失敗したくて仕方がない方のご参加をお待ちしています。 それが意外と失敗しません。

    〈過去の生徒さんの作品〉

    木工教室に興味のある方は

  • 蟻組加工の講座

    週末は木工教室でした。金曜と土曜は通常の木工教室、日曜日の午前は「鑿の研ぎと蟻組加工」の講座を行いました。

    通常の木工教室で習得の難しい技術について、希望者を募り開催しました。

    ノミとノコその他の手道具だけで蟻組を作ります。

    ノミをよく研ぐ、また原理原則に従って加工を進めていけば綺麗な蟻組が完成する。はずです。

    慎重に進めます。組手の数が多いと、どこか一か所でも失敗するとそれまでの全てがチャラになるので難しい。

    集中力と根気が必要です。

    木工教室へ興味のある方はどうぞ↓

  • 木工教室4/1と2

    週末は木工教室でした。

    器堀りの終盤。

    こちらも別の器、終盤。

    完成品は、

    クルミ材のスプーン2本出来ました。素敵です。

    一枚目の写真の器も完成。

    硬いブラックチェリーで掘りました。それが他と比較して、とても硬い材料である事はご本人に伝えていませんでした。この場を借りてご報告致します。よく掘りましたね!

    土曜の午後、ノミの研ぎと蟻組の講座を開催しました。全4回の3回目。

    手道具だけで作る、蟻組加工をマスターします。

    加工の上手い下手よりも、ノミが切れている事の方が重要です。が、ノミの研ぎばかりやっていても加工の時間が無くなりますし、加工ばかりやっていると、ノミは切れなくなり、加工が上手くできなくなります。なのでやはりしっかりノミを研いで欲しいのですが、そうすると加工の時間がなくなる。なのでやはり・・・・

    と研ぎと加工の関係は鶏と卵の様にずーっと続く訳ですが、それをある程度受け入れられる様になってきたら少し上達しているのかもしれません。ん―木工って難しい。

    木工教室に興味のある方はどうぞご連絡下さい。↓

  • クランプ

    写真はクランプ。

    木工作業時に第三、第四の手としてブツを押さえてくれる便利な道具です。

    一例としてはこの様に使います。

    市販の頑丈なものは、大体一本1,500円くらいで、摺動部が硬かったりしてイマイチ使いにくいものもあります。
    工房で働いているFさんお勧めのダイソークランプを買ってみた、10本も。

    摺動部が滑らか、かつ靭性があって扱いやすい。そしてしっかりとホールドしてくれる。 
    木工教室の方で活躍してくれそうです。

  • 木工教室3/11~13

    週末は木工教室でした。

    鉋掛け。

    こちらも鉋掛け。

    ノミで器堀り。

    こちらも器堀り。

    椅子を組み立て中。

    箱の塗装。

    器の塗装後。

    スプーン仕上げ研磨中。

    引き出しつきの整理箱完成。

    ペンケースも完成しました。

    母から娘へのプレゼント。

    暖かくなり今週は参加者多めでした。

  • 蟻加工

    製作が続きます。

    工房では前例のないオーダー品を製作しています。

    併せて、この春から木工教室の方でやろうしている蟻組加工のモデルも製作中。

    機械加工すれば早いのですが生徒さん方への指導要領を再考する為、全て手加工でやってみた。

    これが涙が出る程大変。とにかく時間が掛かる

    どこか一箇所でも失敗すると、全てチャラ。
    加工の上手い下手と言うよりも、休み休み集中力を途切れさせない事が大切です。

  • オーダー家具製作と木工教室

    週末は木工教室でした。

    器を掘ります。

    ハンマーを使っての荒堀り、大方の成形はこうやっていきます。

    最後は手作業でコツコツと仕上げ彫り。

    こちらは椅子の座面を掘っています。

    器堀りと同じように、荒堀りはノミで加工し、以後仕上げは反り台鉋で行います。

    ペンケース加工中。

    留の加工も全てカンナによる手作業で行いました。

    弊工房の木工教室は出来るだけ機械を使わず、ノミ・鋸・カンナと言った手道具を使って作る事を大切にしている。

    今週も完成品が多かった。 
    手加工の花台が出来ました。

    _______________________________

    変わって平日はオーダー家具の製作が続きます。

    週末に行っている木工教室ですが、今年で4年目を迎えます。
    平日はオーダー家具の設計・製作を行っているのですが、こちらは今年で11年目。

    オーダー家具製作と木工教室、当初は二事業を同時に進めていく事が出来るとは考えていなかったのですが、需要に引っ張られていく形で、なんとか二本立てで進み続けています。それぞれに面白いところ、また大変な部分があって常に思考と行動の連続です。大変だけど、自らも事業も成長が実感できて面白い。

    オーダー家具の方は、よりお客さんに喜んでもらえる様、精進したいと思っています。
    木工教室の方は、より生徒さんに楽しんでもらえる様な運営ができればと考えています。


  • 木工教室2/25.26

    週末は木工教室でした。

    椅子の脚を鉋で仕上げています。

    鉋を使う前には鉋の刃を研ぎます。

    研ぎはこれだけでも奥が深くて面白い。没頭します。

    鉋で仕上げた部材を組み立て、椅子の座編み。

    この作業も没頭します。 時間を忘れる。

    鋸でのほぞ加工。

    精密に加工するのは難易度が高く超没頭します。

    木の器堀。

    これについては何度も触れて来ましたが、没頭の極み。

    没頭したくて仕方ない人は器を掘るとよいです。 

    今週は完成品も多かった。 Yさん(男)の裁縫箱が完成。

    奥様へのプレゼントになるそうです。

    このくの字に折れ曲がる上蓋の機構作りが大変で、事前にモックアップ(疑似模型)で角度など確認しなが完成に至りました。木工教室に不可能はありません。

    Sさん三段整理箱完成。

    引き出しや扉などがついた箱物家具は、開閉やスライドの機構が発生するので単に形作るだけではなくて、それらの機構を滑らかに機能させてあげなくてはなりません。うまくできた時は本当に嬉しい。

    皆さん本当によく作ります。 木工教室って凄い。

    最近では作るものが無くなってきた方もいるので、教室からの提案として私も作りました。

    バターケース。 木片でバターも作ってみた。

    味はバターで決まります。

    木工教室へ興味のある方はどうぞ↓

  • 木工教室いろいろ

    週末、金・土・日と木工教室を開催しています。

    教室の内容は長期コースと体験コースに分かれていて、長期コースは決められたカリキュラムをこなしながら自ら木工家具を作る事を目標としています。

    長く通われている生徒さん方の作品。

    殆どをノミ・ノコ・カンナといった手道具だけで作る事を大切にしています。

    カリキュラムを全て終えた方たちは、過去に作ったものをアレンジしてリピート製作されていたりもします。

    しかし、最近では本当にもう作るものが無くなってしまったという方も多く、教室としては新たな題材を考えていたのですが、道具や安全の問題など考慮するとなかなか前進できずにいた。

    〈新たな試み〉旋盤

    旋盤という機械。木工ろくろなどとも言いますが、機械で木材をくるくると回しながら加工を進めます。

    円柱状に加工された棒が椅子の脚になり

    椅子の座面も並行して加工

    その後、丸鑿と反り台鉋で座繰り加工を施し

    脚と座面を接合

    シューメーカーチェアが完成。 さぁ作ろう。

  • 木工教室2/4~6

    週末は木工教室でした。

    今週は完成品が多かった。

    カッティングボード。

    電熱ペンで焼いたこの絵がかわいい。

    菜箸とバターナイフ。

    仕上げが丁寧でした。

    ペーパーコードスツール。

    男性作ですが、編み力が強くパンパンに編まれている。ペーパーコード網は強く編めば編むほど良いです。
    永く使えます。

    時計。こちらも電熱ペンで文字を焼き書いています。

    針は突板と言われる薄い木の板をハサミで切って作る。 

    製作途中も多かった。

    没頭します。木工であり黙考であります。

    木工教室へ興味のある方は↓

  • 木工教室 2月、第3週と4週

    週末は木工教室でした、2週分の写真をまとめてアップ。

    鋸切りで加工中。

    毛引きで墨付け中。

    ほぞ穴を鑿で加工中。

    鉋で引き出しを調整中。

    小椅子製作中。

    木の器、堀り中。

    整理箱の本体、面取り中。

    以下は完成品のご紹介。

    体験コース5〈丸い腰掛〉。https://treehousetobata.net/course/course_trial4-2

    体験コース4〈座編みの腰掛〉。https://treehousetobata.net/course/course_trial4

    体験コースは、ホゾなど加工の難しいところをある程度工房の方で加工しています。それでも作業量はとても多くて作り甲斐があります。

    長期コースで長く教室へ通われている方たちの作品。

    花台。 三方胴付きほぞを用います。のみ、のこ、かんなと言った手道具だけで作ります。

    三段整理。本体と引き出し、それぞれの箱が機能するサイズで作るのが難しいです。

    座編みの腰掛。 編むのが楽しい。

    寝室のベットサイドに置く引き出しの付いた台。

    こちらもその殆どを手加工で製作しました。力作です。

    木工教室へ興味のある方は↓