ブログ

家具工房に捧ぐ

日記

  • 電磁波

    年々私の老人化が進み、起床時間が早く今朝は4時半に起きて全快でした。
    トラは工房へ行くのが好きなのです、私があまりに早いと熟睡していて起きない。午前5時、自宅でのトラの寝床ですが奥にあるのがルーターなどの機械で、ここから微弱な電磁波を長年受け続けているせいで・・

    少しバカな犬になってしましました。

    誰がバカやねん・・

  • 折り畳み傘は持たない

    製作してます。

    連日の作業で工房に引き籠っているのですが、どうしても必要なものがあってダイソーへ買い物へ行った。レジの前に並んでいたおばちゃんが「上がってないの?」と店員に問いかけると「上がってますよ」と店員が答え、そのあとに「ああ、お菓子は8%です」と言い直していた。そうか増税だったなと思いながら初10%の消費税を支払いました。軽減税率は問題外として、歳を重ねるごとに役所組織が作るシステムや発する言葉に敏感に反応してしまいます。
     ラジオの天気予報を聞いていて、曇り時々雨のような予報の時、最後に気象予報士が「折り畳みの傘をお持ち頂くとよいです」と言う発言が不快なのは多分私だけだと思います。気象予報士が予報すべきは雨が降るかもしれないし、降らないかもしれない状況であって、以後の対応にまで言及される事に腹が立つ。私は小さい人間です。しかし小雨程度なら濡れてもよし、若しくは降らないことにかけて手ぶらで外出するという選択肢を私はとるし、人によっては折り畳みの傘では防御が甘いのでレインコートを持参します。という人もいるかもしれない。と言うか、折り畳みの傘とか誰が持っとるねん・・という気持ちもあるのですが、気象と言う人間の英知では計り知れない現象を予報する仕事にあって、正直言って分らないので、どちらにでも対応できる無難な道具を薦めるという安易さ、役所的体質が垣間見えた時、強い違和感を覚えるのは私だけでしょうか。

    そうです。

  • アナリティクス

    製作してます。

    大型の棚。あと少しだぁ、頑張ろう。 

    ホームページのリニューアルに伴って、その分析システムがついていてこれを眺めるのが面白いです。

    グーグルアナリティクス。 アクセス数やユーザーの滞在時間とかどういった端末だとか、どのページがどのくらい見られていたとか、どこから入ってきたとかいろいろと解るのですが、どの地域から見ているのかも解ります。

    当然日本が多くて99%なのですが、United Statesが1%あって、これはしょーもないスパムメールの発信元だと思います。

    更に日本国内のどこから見られているのかも解るのですが、これは発信元としては意外と興味深くて、東京の人が意外と見ているのか~って感じになります。

    新宿シティや港シティの方が見てもあまり参考にはならないと思うのですが、でもよく考えたら各種営業で東京から電話がかかってくるので多分その人達でしょう。

    間違いありません。

  • ベッドに思う

    社会人2年目の息子が引っ越す事になりその手伝いへ。午前中全ての家財道具を引っ越し元で私の車へ積み、午後から引っ越し先で降ろしました。大きなものと言えば冷蔵庫と洗濯機くらいで家具も小型の物ばかり。私としては普段新品家具を納品している時の気の使い方と比べると何とも楽な仕事、と言うか仕事でもないのですが気楽です。

    引っ越し元で解体し、引っ越し先で組み立て中のNトリ社製のベッド。

    ベッドを解体し、組み立てながら何ともその華奢な構造に驚いた。この後マットレスを置く為のスノコを敷くのですが、これがペラペラで直接上に乗れば折れる様な構造。しかしその上にマットレスを敷く事によって、厚いマットレスの平面強度で問題なくベッド全体としての強度が担保されていると言う構造。
    家具を設計し作っていると、どこまでその構造を軽減化していくかで悩むことが多くあります。半永久的に壊れない構造、耐久性を限りなく高める事はさることながら、耐久性が担保される中でいかに軽量化し構造を簡素化する事は事業として家具作りをやっていくうえでは不可欠で、逆にその構造的な耐久度がよくわからない故、過剰に強固に作るのは自己満足的であったりします。まぁNトリ社のベッドはある意味究極的で「マットを敷いていない時には絶対に乗らないで下さい」みたいな注意書きがスノコに大きく書かれていて、あくまでもマットレス一体型という使い方が前提でした。

    にしても一人暮らしなのになんでセミダブルやねん。と突っ込みたくなります。

  • 台風

    北部九州、台風は通り過ぎました。

    気圧も低くなかったので、あまり大したことはないだろうとたかをくくっていたのですが、夜中に風の音で目が覚めて家が揺れる程の強風に驚きました。

    こういうとき心配なのは工房で、何か壊れていないだろうか?とか、そもそも建物自体が大丈夫だろうかと、セルフビルドならではで心配だったりするのですが、いつも全く問題ありません。でも心配。

    スタッフ・トラも心配していました。

    何もなくてよかったな・・・俺の家でもあるしな。

    トラの家ではないのですが、何もなくてよかったです。

    金土日と木工教室は通常どうり行いました。台風接近の最中沢山の方におこし頂いた。ありがとうございました。

  • 日々

    昨日は午前中木工教室、

    午後からは次作の下ごしらえなどしていた。

    写真はプレス機。主に箱もの家具の製作に使います。プレス機にはモーターが付いていて昇降が自動の全自動プレスまたは半自動プレスと言うのがあるのですが、私が使っているのはモータ-のついていない手動プレス。珍しいかもしれません。だから何・・

    台風も近づいていますが、トラは変わりありません。

  • 9月半ば

    9月も半ばだというのに連日暑い。

    晩夏というには遅すぎるし、ぜんぜん秋らしくありませんし、でも来週はお彼岸なのですが。と思っていたら急に寒くなったりするし、こんなに暑いのにインフルエンザで学級閉鎖していたりするし、季節も生活環境も多様化していています。昨日木工教室の生徒さん方とのお話の中で、スマフォやPCなどが多様化しすぎていて、ついていけない・・・ではなくて、超多様化の効能として、もうついていく必要もないという話になっていた。

  • HPが新しくなりました。

    既にご覧のとおりですが、HPとブログをリニューアルしています。
    開業以来HPはずーと自分で作成していたのですが、これがまぁ本当に大変でした。SNSやブログなどと混同されがちですが、フレームから考えないといけないHPはやはりプロの仕事で、私のような素人には手に負えませんでした。今回は全面的にプロの方にお願いしたのですが、私の要望は「木工教室とオーダー家具店が混然一体となったHPを作ってほしい」でした。すると出来上がったHPは、卵かけごはんの黄身と白身くらい教室と家具店が混ざり合っていてもう何が何だかわかりません。まぁ運営していくのは変わらず私一人なので、できる事しかできないのですが、まだまだ頑張っていこうと思っている所存です。

    お気づきの方もおられるかと思いますが、HP画面を下の方へスクロールしていくと最後にトラがひょっこりと現れる画期的システムになっています。この案について当初HP製作者に対して、いかがなものかと疑問を呈していたのですが、完成してみると疑問というよりトラに対して強いジェラシーを感じているだけの自分に気が付きました。

    と言うわけで、新HPとブログ、リアル店舗と教室の方もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    今回のHPのリニューアルにつきましては、フリーランスの作家fullscreenの栗原直樹氏の全面的な協力を仰ぎました。 http://fullscreen.jp
    ありがとうございました。

  • 誰も手を貸してくれない

    家具2台の加工を終え、塗装へ。

    塗装は斜めに日差しを受ける晴れた日の朝にやるのが仕上げ面の確認などし易くはかどります。

    片側を終え養生の間に事務や雑用など。

    次作の調整や教室の準備など、もう猫の手も借りたい状態です。

    オチが見えてきましたが、

    犬も手を貸してくれません。

  • 日々

    製作が続きます。

    8月下旬の驚異的涼しさから一転。ここ数日は高温の上、湿度が高くてしんどいのですが連日の作業。と書くと仕事がつらいかの様ですが、そんなことはなくて終業後のビールが美味しくて仕方がありません。

    スタッフ・トラも元気です。

    友達になりたいのはわかるけど、生き方が違いすぎます。