ブログ

家具工房に捧ぐ

未分類

  • 木を削る

    先週の木工教室から

    チェリーの鏡板を削る。

    器を掘る。

    テーブルの天板を削る。

    木材を削りたくて削りたくてうずうずしている方のご参加をお待ちしています。

    木工教室 https://treehousetobata.net/classroom

  • 日々

    大型の本棚が出来た。塗装前、仮り組。

    ジョイント部に使った金具。

    本棚はバラシて塗装。

    ブラックチェリーが美しい。

    週末は木工教室なので掃除から掃除。

    掃除中は工房に居場所がないので

    車で寝ていた。

  • 接客

    製作が続きます。


    連日天気も良くて遊びに行きたいっ、気持ちを抑えて製作が続きます。

    天気が良いせいか来客も多く、昨日は接着作業の途中にお客さんが来て大変な状況になりそうなところだったが、 

    私が手を離せない間、スタッフがお客さんのお相手をするという普通の会社などでは普通に行われる事が、普通にできていました。

  • 木工教室10/9・10

    週末は木工教室でした。

    器やスプーン、お箸など木工芸作品の作業風景から。

    器作り。最初から最後までノミ一本で掘り続けます。完成時には皆さん、顔が仏様の様に見えます。本当です。

    スプーンは曲線が多く、機械による作業。

    機械はスポンジサンダーと言います。研磨面のあたりが柔らかく、曲線を安全に加工できます。

    ご夫婦でそれぞれ作りました。バターナイフはブラックチェリー。菜箸はウォールナットで作りました。

    体験コースにグループで参加。 

    お箸とバターナイフをそれぞれ作りました。 素晴らしい。

    ここからは家具作りを行っています。

    手道具による仕口の加工。なかなか難しいのですが、少しづつ成長します。

    上級者たちは、

    キャビネット製作中。引き出しも五枚組で製作。

    テレビボード。

    建具もできました。

    椅子。

    「転び」といって、角度のついた加工を行っています。

    treehouseの木工教室ではノミ、ノコ、カンナと言った手道具を使い家具や木工品を作っています。定められたカリキュラムをこなしながら少しづつ技術力を高めていきます。初心者の方にとって木工は決して簡単な作業ではありませんが、失敗しながら少しずつ技術習得していく事を教室のコンセプトとしています。興味のある方は体験されてみてください。↓

  • 夏季の営業

    本格的な夏に突入しました。と言うかお盆もすぐそこ。
    家具工房treehouse夏季の営業は以下の通りです。

    〈工房・ショールーム〉 
     お盆も含め、いたりいなかったりです。*臨機に対応しますので家具のご相談などの場合、ご連絡(050-3703-8351)お越しください。
                
    〈木工教室〉
     8月第二週、第三週はお休みです。8/21(金)~始めます。        

    よろしくお願いいたします。

  • 木の器

    週末は木工教室でした。 連休だったので参加者が多かった

    写真は体験コースへ参加のご夫婦の作品。クリ材の器。
    奥さん製作の丸い器の側面が加工途中に欠けたのですが、なんとかリカバー。
    完全な円形が崩れた事で手作り感がとても高まった。 素晴らしい。

    _________________________

  • あけましておめでとうございます。

    新しい年が皆様にとってよい一年でありますようにお祈りします。 

    令和二年元旦

               家具工房treehouse  スタッフ一同