ブログ

家具工房に捧ぐ

  • 在り方

    コロナで、この一か月は木工教室の開催を自粛。来客も大幅に減り自身も外出は控えめ。一般には我慢の期間だとされているのですが、本来引きこもり作業を前提にした家具工房は大幅に作業効率が上がっている。

    今は受注いただいている家具を作る事だけに集中しています。一般の木工所の様な体制に戻っていて、これが工房の本来あるべき姿かもしれない。
     我工房は本当に変わっていて、作った家具をエンドユーザーに直接売りながら、さらに一般の方へ木工技術を教えると言うかなり無理な事をやっています。と言うか、それにここ数日気付いてしまいました。
     地に足をつけ、黙々と作業をしながら今後の工房の在り方なども見えてきたような気がします。

     決めました。この機を境に木工教室の辞めようと思います。やはり私は職人でした。お世話になった方々、今まで本当にありがとうございました。

    と言うのはウソです。
    ここ数日の情報によると少し明るい見通しも無くはないようで、状況によっては7月、いや6月には教室を再開できればと思っています。
    一人で作業ばかりしていると寂しいのでぇ~。

    しょーもないウソをつくなよ~。

  • GW

    製作が続きます。

    アパートリフォームに伴う木製流し台の2基目。
    連日好天が続きますが、外出の誘惑にもかられず作り続けています。

    終業後も日が長いので近所の丘公園をトレラン。公園の広場付近は人も多い。

    しかし、それぞれに微妙に距離をとっているのもわかります。

  • オーダー家具

    家具工房treehouseでは、市販品にない仕様・サイズの家具をオーダーメイドで製作しています。

    小さな工房から、多くの家具が生まれます。

  • 日々

    ブログの更新もままならないほど忙しいという訳ではないのですが、外での打ち合わせなどが多く数日放置。打ち合わせ時は、マスクをしてソーシャルディスタンスなど心がけながらやっております。

    俺とも距離をとる訳だなぁ~

  • 悲劇

    製作が続きます。

    この時世で、弊工房もテレワークに切り替えようかと思っているのですが、よく考えてみるとテレする相手がいませんでした。

    先日も書きましたが、遊びに行く誘惑にかられないので作業がはかどります。
    経験上、調子のよい時ほど気をつけなくては行けなくて、慎重さも重ね合わせ作業しているつもりなのですが、活動しているかぎり何か起こります。

    一か月前に購入した遠近両用眼鏡。非常に具合が良くて愛用していたのですが、作業台の上に置いていたところ知らずに落下。靴で踏んでしまいました。
    悲劇。

    フレームが曲がりレンズが外れた。 しかし、冷静に分析すると直せそうだったので、小道具を駆使して修復に乗り出したら、

    なんとか直りました。よかった~、踏んだ直後は半泣きでした。