本文へスキップ

TEL.050-3703-8351

     福岡県北九州市戸畑区沢見1-5-25

 家具作りの仕事

 ・修業雑感
   家具や木工職人の技術習得について一番に思いつくのが「修行」だと思うのですが、ある程度の
  年月をかけ誰かに師事し、その技術や精神性を教えてもらう事だと思います。私自身が長期の修行経
  験がありませんので実際のところが解っていません。そもそも現在において本当に「修行」という
  仕事環境はあるのかとも思っています。若いころから家具会社で働いていた知人がいますが、話を聞
  いている限り修行と言うより普通に賃金をもらい働いていたという印象です。実際に多い例は、大き
  な家具工場で生産ラインとは言わないまでも、個々の技量が生産性に影響しない様、ひとつの持ち場
  を任されているケースです。これに関しても修行と言うよりは労働者として普通に働いているといっ
  た印象です。実際、厳しい経営環境の中に取り込まれ、効率優先で働く事が多く、職人的技術やその
  精神性まで鍛えながら広範囲に教えてくれる、いわゆる「修行」の場は現在では減ってきていると思
  います。
   実は私自身がこの修行環境を真剣に探していた時期があったのですが、当時私が思い描いていた
  理想の修行環境と言えば「出来るだけ短期間で家具製作のあらゆる技術を教えてくれるところ」でし
  た。今考えると本当に虫のいい話なのですが、年齢的な事もありましたし、製作概要とか業界のノウ
  ハウを短期に教えてもらえれば後は自らの社会経験で何とかするから・・みたいな考え方で完全に舐
  めていました。しかし、そんな虫のいい話は日本中探してもどこにもなくて、今だから言えますが
  経営者サイドからすると、年をとった独立志向の男など最も雇いたくないタイプになると思います。
   話がそれましたがオーダー家具や店舗什器を幅広く作る小規模な家具会社や木工所であれば大きな
  メーカーの様にひとつの持ち場を任されるのではなく、否応がなく幅広い仕事の仕方を強いられると
  思いますし、そのような形態の会社であればかなり広範囲な技術が得られると思いますので、現在
  では、そのようなタイプの家具製作所や木工所が私が考える修行環境に近いように思いますが、この
  ような多種製作型の小規模工房が少ないのも事実です。。
   いずれにしましても、ある程度の期間じっくりと時間をかけて取り組む事が前提となる事は言うま
  でもありません(自らの事は棚に上げて)。また、若いころはあらゆる仕事において修行的気持ちで
  取り組まなければならないとも思います。