本文へスキップ

TEL.050-3703-8351

     福岡県北九州市戸畑区沢見1-5-25
                                                  
家具作りの仕事

・工房建物について
 私は事業用の工房建物を自分で建て現在使っています。とても珍しいケースだと思うのですが、その分工房建物に対する思いは人一倍強いかもしれません。また、知人作家などの工房も多く見てきた経験からそのポイントなどについて書いてみます。
 事業としての家具工房建物として多いのが、それ以前に別の事業に使われていた小規模工場的中古物件を賃貸または購入して使用されているケースです。過去に何らかの生産工場として使われていた建物ですので作業空間としては使いやす状態にあるのだと思います。広さ・面積については従業者数など事業規模にもよりますので一概に言えませんが、広すぎて困るということはないと思います。一人経営でも工房に配置する機械は10台前後は必要になりますし、それぞれの機械に作業スペースが必要なので機械同士距離を置いて配置しないといけせん。それぞれの機械が大きいうえに空間を開けて配置する訳ですからかなりのスペースが必要です。その他、家具の製作組み立てスペース、木材の保管スペース、完成後の家具の保管・養生スペース、また家具の工法によっては塗装スペースも別に必要になります。天井もある程度の高さがある方がよいと思います。家具用の木材は市場で売られているもので3m前後(長いもので4m)が多く、このサイズを壁面に立てかけて置いたり、天井高を気にすることなく作業する事を考慮できればよいと思います。関連して照明についてですが、照度が確保できる範囲で、こちらも出来るだけ高い位置にある方がよいと思います。作業時に長い部材を振り回した時に蛍光灯を打撃し、ガラスの雨を降らしたことがあります。
 冷暖房についてですが、基本的に事業としての家具工房・工場で冷暖房が入っている所はあまり見受けないように思います(調査不足かもしれません)。理由は、急激な湿度の変化により木材が収縮したり反る事を防止する他、工場の様な建物は広すぎて冷暖房が効きにくくいコスト的な理由もあるのではないかと思います。個人的な考えですが、冷暖房の有無よりも可能であれば建物の天井部や壁面に断熱材が入っている事の方が大切ではないかと思います。私の工房は建築時にグラスウールの断熱材を天井と壁に入れました。それでも真夏は暑いのですが、作業ができない程の暑さになることは超猛暑日を除いてありません。また冬は小さな石油ストーブで十分に暖をとれます。
その他ですが、建物と道路とのアクセス状況も大切です。当初は大型機械の搬入もありますし、事業が展開しだしてからは、資材の搬入の他、完成した家具の搬出もありますので車両がつけやすい建物環境が望ましくなります。 あとは騒音問題ですが、私は町中で工房をやっていますが今のところ音に対する苦情などはありません。それよりも地域の人たちと仲良くしている事の方が大切ではないかと思います。

2010年に建てた工房

・木工機械と事業の方向性
 事業用の木工機械について、使用頻度高い5機種(これだけあれば大体の事はできます的な)として
よく挙げられるのが、手押しカンナ・自動カンナ・昇降盤・横切盤・角鑿盤の5機種です。私はこの5機
種以外にプレス機・パネルソーもを所有していています。この7機種が主軸となり、脇役とし集塵機やコンプレッサーなどもあります。同業者の工房に行きますと、上に書いた5機種を主軸に事業を展開されているケースとこれにパネルソーとプレス機を足した7機種を主軸に運用されている2パターンが多いように思います。無垢材を主体とした場合は5機種を中心に、合板構造のフラッシュ家具もとりいれるのであればプラス2機種と言ったところです。もう少し突っ込んで書きますと、プレス機とパネルソー所有の有無により事業形態は大幅に変わって行くと思います。無垢材主体の事業展開をしていくのか、合板構造も取り入れていくのか、修行期の経験値にもよりますが事業的な側面から見るとここに大きな分岐点があると言っていいと思います。
 椅子やテーブルといった脚物家具は、構造上その素材をほぼ全て無垢材で製作しますが、キャビネットや箪笥のような箱物家具は合板構造を取り入れる事で、製作コストを大幅に抑える事ができるなどのメリットがあります。もちろん個人作家の場合、製作コストのかかる無垢材の箱物家具をあえて作っている方も沢山いますので、個々の作家性と事業形態を考慮したうえでの機械選定が重要になるところです。

無垢材をベースにした加工に必要な機械  
手押しカンナ           自動カンナ            横切り盤



昇降盤               角鑿盤

合板構造を取り入れるなら+2機
 
プレス機        パネルソー